阿蘇の食材を使った田舎定食のお店「田楽 奥阿蘇」

スタッフブログ

阿蘇の田舎料理専門店 田楽奥阿蘇

〒869-1501
熊本県阿蘇郡南阿蘇村両併2408-5 <高森バイパス沿い>

TEL:(0967)62-3228

定休日 毎週木曜日
(木曜日が祝日の場合は営業しています。7/20-11/30は無休です。)

VISIT 熊本県

観光情報

一心行の大桜

一心行の大桜

田園風景の中に立つ、幹廻り約7.35m、高さ約14m、樹齢400年余りのヤマザクラ。
天正8年(1580年)に島津氏との戦いで矢崎城に散った峯伯耆守惟冬(みねほうきのかみこれふゆ)の菩提樹とされています。
一心行と言う名は故郷のこの地に帰った妻と息子が一族の御霊を弔うため一心に行をおさめたと言う故事から名づけられたそうです。
南阿蘇鉄道中松駅から徒歩15分、見学自由、開花時は臨時駐車場400台、1日500円(環境整備料)の予定。
ただし、沢山の人が見学に詰めかけるため渋滞や混雑が予想されます。ねらいは午前中の朝一番、平日でも10時を過ぎると覚悟して見学に向かわれたほうがいいとのことです。
3月下旬~4月上旬が見頃となります。

場所 阿蘇郡南阿蘇村中松3240番地
見ごろ 3月下旬~4月上旬
アクセス 九州道熊本ICから国道57号・325号経由約1時間 、九州道益城熊本空港ICから約1時間(例年開花期間中、道路が大変混雑するので公共交通機関の利用をお勧めします。)
駐車場 大型バス 4,000円/マイクロバス 2,000円/ 乗用車(軽含)500円/二輪車 200円

白川水源

白川水源

阿蘇高岳の南麓にあたり、白川の水源のひとつである。この清冽で豊富な湧水の守護神として、遊水池には吉見神社があり、南阿蘇村自然環境保全地域として保全されている。また、水質も良好で遠くから水を汲みにくる人も多いそうです。

水質・水量
この水源は常温14℃の水が毎分60トンも湧き出て、熊本市内の中央を流れる白川の源の一つとなっています。

由来・歴史
この清冽で豊富な湧水の守護神として、湧水地には吉見神社があり、この神社は元禄年間(1688~1703)当時の藩主細川網利公が山狩の際、同社を参拝し、「当社には余が領地、養田の源神にて、その水恩広大なり、速やかに正殿を修造せよ」と郡代に命じ、修理費として特別の手当てを給わったという由緒ある神社です。

場所 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字白川
見ごろ 通年
アクセス JR豊肥本線「立野駅」から南阿蘇鉄道に乗り換えて、「阿蘇白川駅」下車、徒歩10分。 車の場合は、九州自動車道の熊本ICを下りて、国道57号を阿蘇方面へと進む。 阿蘇大橋を渡り、国道325号を高森方面へ直進すると、南阿蘇村に至る。
駐車場 共同駐車場有。

阿蘇国民休暇村

阿蘇国民休暇村

南阿蘇の高森町に位置する国民休暇村(奥阿蘇から車で約10分)は、阿蘇の山々が目の前に広がる大自然の中にあります。

天気の良い日の根子岳のパノラマは、いつまで見ても飽きることがありません。
休暇村にはテニスコート、プール、野草園、自然散策コース、サイクリング用貸自転車、オートキャンプ場などがあり、休暇村内だけでも1日では遊びきれません。

標高650mの高原にある休暇村はその豊かな森を背景に赤い屋根と白壁が調和するリゾート基地です。

場所 阿蘇郡高森町高森3219
アクセス 南阿蘇鉄道高森駅下車。
九州産交バス色見環状線(温泉館経由)約10分
駐車場 無料駐車場有。

ページの先頭へ戻る